• Wi-Fiスポットの場所はこちら
  • SELECT LANGUAGE
  • 東京都
SELECT LANGUAGE

共有する

神津島

“神々が集まる島”、神津島。標高572メートルの天上山には火口原があり、その噴火の記録は、続日本後紀に残ります。釣りや登山、露天風呂も人気の島では、晴れた夜には天からこぼれ落ちるばかりの満点の星空が広がります。
伊藤浩一

伊藤浩一

モバイル情報ブロガー。ブログ「伊藤浩一のWindows Phone応援団(旧W-ZERO3応援団)」主宰。WEBメディアにモバイル記事コラム連載、モバイル関連書籍に参加。旅とモバイル活用記事も執筆。

おすすめポイント

  • #登山
  • #絶景
  • #ダイビングスポット
  • #温泉
  • #露天風呂
  • #夕陽
  • #満天の星空

今回廻ったコース

  • ・1日目:
    竹芝⇒ジェット船⇒神津島⇒天上山登山⇒治山工事跡⇒天上山頂上⇒港のバス停⇒赤崎遊歩道⇒神津島温泉⇒白浜海岸⇒宿⇒夕食⇒白浜(星空観賞)
  • ・2日目:
    街散策⇒猿田彦大神⇒物忌奈命神社⇒神津島村郷土資料館⇒前浜⇒船乗場のよっちゃーれセンター(昼食)⇒竹芝

1日目

ジェット船で神津島へ

ジェット船で神津島へ

伊豆諸島というと遠いイメージがあったのですが、今回訪れた神津島は、ジェット船にてわずか3時間です。7時45分に竹芝を出発し、11時に神津島に着きました。ジェット船に初めて乗船したのですが、揺れが少なく快適です。
白島6合目

白島6合目

一日目は天上山登山と西海岸沿いの観光を行うことにしました。天上山の登山の時間を短縮するために、白島6合目までタクシーを利用しました。6合目より登山開始。白島の経路は、階段が用意されていますので、初心者でも上りやすいルートです。
9合目

9合目

9合目から頂上までで約15分。頂上は見えているのですが、途中岩場などあり、なかなか進みません。
治山工事跡

治山工事跡

途中で治山工事跡がありました。こんな高いところで工事が行われたんですね。
天上山頂上

天上山頂上

ようやく頂上に到着。白島6合目から30分かかりました。頂上より港を見下ろす景色は絶景で、登って良かったなあ、と感じました。
港のバス停へ

港のバス停へ

13時より下山を開始。港のバス停まで徒歩で進み、14時50分にバス亭に到着。15時出発の赤崎遊歩道行のバスに乗り込みました。
赤崎遊歩道

赤崎遊歩道

終点の赤崎遊歩道に15時15分に着。赤崎遊歩道は、岩場に木製の階段やデッキが続いており、飛び込み台があり、ダイビングスポットになっています。
神津島温泉

神津島温泉

1時間ほど歩いて、神津島温泉に到着。神津島温泉は、水着着用の露天風呂が用意されているため、水着を持参していたのですが、温泉に入ると、宿の夕食に間に合わないため、足湯だけにしました。
白浜海岸

白浜海岸

神津島温泉からバスで港に戻ることにしました。港から宿泊先の宿の途中にある白浜海岸にて、丁度日の入りの時刻だったので、夕陽を撮影。
満天の星空

満天の星空

宿で夕食後、神津島で評判の星空を見に、再度白浜へ。20分ほど夜空に目を慣らすと満天の星空を見ることができました。

1日目をもっと見る

2日目

街散策

街散策

二日目は、残念ながら雨。早朝は強い雨と風でしたが、朝食後、雨も小降りになってきたので、港周辺の街散策をすることにしました。
猿田彦大神

猿田彦大神

神津島は、神が集う島として多くの伝説が残されている島です。そして、島のあちこちには神社や道祖神が多くみられます。
物忌奈命神社

物忌奈命神社

物忌奈命神社はとても立派な神社で、神が集う島としての風格がありました。境内には、不思議な形をした樹木がたくさんありました。
神津島村郷土資料館

神津島村郷土資料館

こちらでは、神津島の歴史を島の誕生から学ぶことができます。先土器時代から現代まで、黒曜石の流通ルートや流刑地としての歴史など、多くの歴史的資料とともに学べます。館内には、神津島の歴史を7分にまとめたビデオ上映もあり、理解しやすくなっていました。
前浜

前浜

お昼近くになると、雨も止んできました。
神津島村役場の裏が、高台になっており、前浜の絶景ポイントになっていました。
海鮮丼

海鮮丼

午前中の街歩きを終えて、船の乗り場にて、ランチ。船乗場のよっちゃーれセンターにて海鮮丼。1000円なり。
神津島から竹芝へ

神津島から竹芝へ

午後1時30分出航のジェット船にて、神津島から竹芝へ。竹芝には午後4時40分に着きました。
短い旅でしたが、自然と歴史に触れることのできた充実した二日間でした。また訪れたいです。

2日目をもっと見る