• Wi-Fiスポットの場所はこちら
  • SELECT LANGUAGE
  • 東京都
SELECT LANGUAGE

共有する

瑞穂町

東京のお茶所、狭山丘陵の町、瑞穂。桜の名所として親しまれてきた六道山公園へは、7つの遊歩道が整備され、瑞穂の異なる魅力を伝えます。栗どら焼きに養鶏家のプリン、スイーツでも有名な瑞穂では、冬にはシクラメンが咲き誇ります。
和田亜希子

和田亜希子

ニッチなテーマでサイトを作る自称「ミニサイト職人」で、PC一台携え旅しながら生活するベドウィン・モバイラーを目指す。好きな飲み物はビール、好きな場所は心地よい風が吹く場所。

おすすめポイント

  • #瑞穂町散策
  • #レンタサイクル
  • #お茶畑
  • #狭山茶
  • #狭山丘陵
  • #カタクリの群生地
  • #みずほブランド
  • #夕方市

今回廻ったコース

  • ・1日目:
    箱根ヶ崎駅⇒ビジネスホテルスズキヤ
  • ・2日目:
    レンタサイクル(箱根ヶ崎駅の東口すぐ右の駐輪場)⇒狭山池公園⇒お茶畑⇒さやま花多来里の郷⇒北狭山谷⇒天王山遊歩道⇒台坂遊歩道⇒榎本屋(和菓子)⇒夕方市(箱根ヶ崎駅西口ロータリー広場)

1日目

町の中心部、箱根ヶ崎駅

町の中心部、箱根ヶ崎駅

どこか扇のような形をした瑞穂町。新宿から中央線青梅特快に乗れば拝島で一回乗り換えるだけ、1時間で町の中心にある八高線・箱根ヶ崎駅に到着する。町の南側は横田基地になっており、東側は狭山丘陵が広がり、青梅街道・新青梅街道と日光街道が交差するあたりが町の中心だ。
ビジネスホテルスズキヤ

ビジネスホテルスズキヤ

泊った場所は、駅から徒歩8分ほど、青梅街道沿いにある「ビジネスホテルスズキヤ」。瑞穂町ではおそらくここが唯一の宿泊施設なのか、部屋数も多かった。
ビジネスホテルスズキヤ

ビジネスホテルスズキヤ

部屋は洋室ツイン。ベッド非常に寝心地よく、枕も低反発のもの。チェックイン時や翌朝の朝食時にお世話になった年配女性の方も本当に感じよかった。
ビジネスホテルスズキヤ

ビジネスホテルスズキヤ

ちなみに着いて初めて気付いたんだけどここなんと温泉付き。今時ちょっと珍しく、宿泊予約サイトも使っていなければ、公式サイトも見つからなかったので、正直辿り着くまで一抹の不安もあった。それだけに満足。

1日目をもっと見る

2日目

レンタサイクル

レンタサイクル

箱根ヶ崎駅の東口すぐ右にある駐輪場でレンタサイクルを行っている。自転車8台があり、一日200円。免許証など身分証明書を提示して借りる。よく整備されている新しい自転車で、ギア付き。こんな状態のいい自転車を借りるのも久しぶりで、走っていても気持ちがよかった。さっそく瑞穂町散策開始!!!
狭山池公園

狭山池公園

箱根ヶ崎駅で自転車を借り、まず向かったのが狭山池公園。残堀川の水源になっている狭山池があるところだ。土曜の午前、静かな公園で静かに釣り糸垂らす年配男性が点在していた。木陰も多く、のんびり釣りするにはいい場所かも。
狭山池公園

狭山池公園

実はここ、カワセミが生息する池としても有名らしく、巨大な望遠レンズを担いだカワセミハンターもたくさん来ていた。邪魔にならないよう静かに背後のほうから目を凝らすも、自分にはただ池と木々が見えるだけ。青い宝石にもたとえられる鳥の気配はまったくわからず。双眼鏡を持って来ればよかったとプチ後悔。
お茶畑

お茶畑

そしてこれ、何だかわかるだろうか。お茶畑だ。今回初めて知ったのだが、「狭山茶」とは埼玉だけのお茶ではなかった。狭山丘陵の全域で栽培されており、狭山丘陵は埼玉と東京に広くまたがっている。そのため東京でも狭山茶は広く栽培されているのだ。
さやま花多来里の郷

さやま花多来里の郷

狭山池公園からすぐの場所に、狭山神社がある。そのすぐ裏にあるのが「さやま花多来里の郷」。小高い丘上の雑木林になっていて、遊歩道も作られている。ここ、今はシーズンオフなので人もほとんどいないが、3月から4月にかけて花をつけるカタクリの群生地がある。
北狭山谷

北狭山谷

ここが北狭山谷の入り口。谷と言っても、高い山の間の谷とは異なり、丘陵地帯の谷戸。そこが自然の地形を生かした公園になっている。
北狭山谷

北狭山谷

原っぱに木で作られたテーブルとベンチがいくつも。木陰になっているところが一か所あったので、そこで休憩をとることにした。写真にはうつらなかったが、頭上にはたくさんのトンボ。近くに巨大なトンボも飛んできた。最近あまり見かけなくなったオニヤンマだろう。
天王山遊歩道

天王山遊歩道

瑞穂町には7つの遊歩道がある。私が選んだのは、1,335mの天王山遊歩道。10分ほどで遊歩道の一番上の出口まで到達。同じ道をまた引き返すのももったいないので、次は台坂遊歩道を歩くことにした。ひとつの遊歩道は10分ほどなので、自転車があれば7つの遊歩道すべてを制覇することも可能だ。
台坂遊歩道

台坂遊歩道

台坂遊歩道の見どころは、展望広場。正面に、奥多摩・陣馬・丹沢方面の山々が見える。もちろんその手前の瑞穂町の市街地から横田基地まで一望できる。そして写真だとちょっとぼんやりとになってしまうが、富士山シルエットも!!!雲の出ていない湿度低い日だったらきっとクリアに見えるはずだ。
榎本屋の栗どら焼き

榎本屋の栗どら焼き

午後は、瑞穂町の認定グルメブランド「みずほブランド」を追いかけることにした。まずは榎本屋さん。ここの「みずほブランド」は「うでっこき 栗どら焼き」というどら焼き。渋皮入りの栗ももちろんだが、それ以上にこの素朴な甘さのあんこが気に入った!!!皮もしっとり。
夕方市

夕方市

箱根ヶ崎駅西口ロータリー広場で、年に一回開催される夕方市が始まった。みずほブランド勢ぞろい!
西村園の狭山茶

西村園の狭山茶

まずは狭山茶。出店しているのは西村園。狭山茶について春の新茶と夏のお茶の味わいの違いや茶摘みなどについて丁寧に教えてくれた。
たまご工房うえののプリン

たまご工房うえののプリン

そしてお隣には「たまご工房 うえの」。養鶏家ならではの卵ふんだんに使ったロールケーキやプリンが目玉商品だ。さっそく会場内の空いている椅子を見つけてプリンを。びっくりするほど柔らかく、優しい味わい。
だるま抱き猫

だるま抱き猫

八高線は30分に1本程度なので、次の列車が到着するまでの間、駅構内の一角に設けられた特産品紹介コーナーを見学。手作りの東京だるまも瑞穂町の特産品のひとつ。招き猫と合体させた「だるま抱き猫」は新たに登場したバージョンなんだとか。初めて見たけどこれはかわいい。玄関に置きたくなる。

2日目をもっと見る

元の記事はこちら