• Wi-Fiスポットの場所はこちら
  • SELECT LANGUAGE
  • 東京都
SELECT LANGUAGE

共有する

瑞穂町

東京のお茶所、狭山丘陵の町、瑞穂。桜の名所として親しまれてきた六道山公園へは、7つの遊歩道が整備され、瑞穂の異なる魅力を伝えます。栗どら焼きに養鶏家のプリン、スイーツでも有名な瑞穂では、冬にはシクラメンが咲き誇ります。
ほんまちゃん

ほんまちゃん

プロフェッショナルブロガー&ウェブクリエーター&トラベルライター
普通のオンナノコの毎日を描いた「hommaniaポータル!」では旅とグルメとビューティー&ファッションがメインテーマ。

おすすめポイント

  • #レンタサイクル
  • #瑞穂郷土資料館
  • #耕心館
  • #やま花多来里の郷
  • #カタクリ
  • #狭山神社
  • #たまご工房うえの
  • #プリン
  • #狭山池公園

今回廻ったコース

  • ・1日目:
    瑞穂町:箱根ヶ崎⇒レンタサイクル⇒瑞穂郷土資料館⇒耕心館(昼食)⇒さやま花多来里の郷⇒狭山神社⇒たまご工房 うえの⇒狭山池公園
  • ・2日目:
    羽村市:まいまいず井戸⇒稲荷神社⇒羽村取水堰⇒玉川水神社⇒羽村市動物公園⇒激辛スタンプラリー(空楽)⇒ホテルリブマックス東京

1日目

瑞穂郷土資料館

瑞穂郷土資料館

旅のスタートにあたって、まずは羽村・瑞穂町がどんな町なのか知りたい!ということで瑞穂郷土資料館に向かいました。エントランスを入るとすぐに目に入ってくるのが、町全域の航空写真(1/1000)を床面に配置したというガイダンスホール。これはなかなか素敵なアイディア。壁には町についての情報も掲示されてい、旅のはじまりに訪れるスポットとしておすすめです。
耕心館

耕心館

瑞穂郷土資料館のお隣にある「耕心館」は江戸時代末期に立てられた豪華な民家を改装した喫茶カフェおよび地域のアートや文化的イベントの交流の場でもあります。雨宿りをしながら、江戸時代の武蔵野の家で人々がどんな暮らしをしていたのか・・・と優雅な妄想タイムを満喫。
ブラックカレーセット

ブラックカレーセット

私がランチに選んだのは唐辛子マーク4つのブラックカレーセット。1,500円でおつりが来る良心的な価格が魅力的。ちなみにこの後ちょっとしたデザートとコーヒーもやってきました。ケーキセットも人気らしく、年配のご夫婦はゆったりとカフェタイムを楽しんでおられました。
さやま花多来里の郷

さやま花多来里の郷

春の妖精とも言われるカタクリの花はなんと根付いてから花を咲かせるまでに8年という歳月がかかるのに、咲いている期間は短い、という奇跡の花なんだそうです。さやま花多来里の郷はそんなカタクリの都内では珍しい20万株以上の群生地。見頃は3月下旬から4月中旬。残念ながら今のシーズンは花は見られませんでしたが、ここ一面にカタクリの花が・・・と妄想して楽しんできました。
狭山神社

狭山神社

まっすぐに伸びる階段から見上げる神社がなんとも艶かしく、厳かな雰囲気のこちらは狭山神社。いつ頃建てられたものかはわからないらしいですが、かなり古いことは確か。かつてこの地に存在した箱根ヶ崎村の守り神的存在だと聞くと、お参りせずにはいられません!狐さんもキリッとした美女で素敵。ぜひ羽村&瑞穂地区を訪れる際には参拝しておきたい、神社です。
たまご工房 うえの

たまご工房 うえの

もともとたまご農家だというこちらの可愛いお店、うえのさんでひと息。
たまご工房 うえの

たまご工房 うえの

なんと小麦粉もたまごもすべて自家製!しかもたまごはを放し飼いしてのびのびと育てているという。小麦粉もコダワリが半端ない!プリンとロールケーキ、クッキーが並ぶ小さなお店はとても居心地がよく、素材の味が生きていて抜群に美味しかった。
狭山池公園

狭山池公園

紅葉にはまだ少しだけ早かったこの時期、それでも狭山池公園ではところどころに秋の気配を感じさせてくれました。自然ってやっぱりすごい!グリーンとイエローの攻防を感じつつ、お散歩するだけで癒されます。とにかく美しい公園なので、ゆっくりと写真を撮ったり、ひと息入れたりして時間を過ごしたい。
レンタサイクル

レンタサイクル

今回紹介したスポットの最寄り駅は、JR八高線にある箱根ヶ崎駅。八高線の電車は30分に1本程度の運行のため、お出かけする前にリサーチがおすすめ。八高線への接続がスムーズなら箱根ヶ崎駅前にあるレンタサイクルがおすすめ。

1日目をもっと見る

2日目は、羽村市に向かいます