ツバキと楽しむ、春の大島めぐり

  • 大島
  • Relaxation
    & Cuisine

冬の終わり、常緑の木々にぽっと赤いともしびのように咲くツバキの花。木に春で「椿」と書くのだから、まさに春を告げる植物といえます。
ヤブツバキの自生する大島では、1月中旬から3月下旬まで椿まつりが開催され、多品種のツバキが咲く様子が見られます。島をめぐれば、火山のある島ならではの絶景があちこちに。
ぜひ、ひと足早い春を感じに、大島に出かけてみませんか?

意外と近くて便利な大島

高速船が到着するのは島の北部に位置する岡田港、西部の元町港のどちらか、その日の風や波などの状況によって変わる。

大島は、飛行機ならば調布飛行場から25分、東京・竹芝からは高速ジェット船で1時間45分、熱海港なら45分。あっという間の移動で着いてしまう東京都の島です。船は1日に数便出ているため、日帰りで訪れる人もいるとか。

火山のある島ならではの起伏に富んだ地形やそれによってつくられてきた自然の風景が見事な大島。島のシンボルは、畏敬の意をこめて島民から「御神火」と呼ばれる三原山です。御神火からの賜物であるツバキの存在は、春に大島を訪れるなら外せないキーワードになるでしょう。

400種以上の花が咲く、ツバキの庭へ

現在、大島には世界に50箇所ある国際優秀つばき園のうち、3つがある。

大島に自生するヤブツバキは約300万本といわれています。
いち早くツバキが咲いている『椿花ガーデン』を訪れてみると、ガーデン村長の山下隆さんが園内の手入れ中でした。
「生き物相手ですから、毎日休みなしです」
2000本以上のツバキのほか季節の花が咲く椿花ガーデンは山下さんと数人のスタッフで管理。その丁寧さ、整備された園内の美しさは国外にも広く知られており、遠方から専門家たちも訪れます。

この時期、ガーデン村長の山下さんは、ガイドに、植物の手入れにと休む間もない。

ガーデンのツバキを眺めると花模様が一本ずつ異なるのに気づきます。なんとここには400品種以上もの品種があるのだそうです。つややかな葉にもそれぞれに特徴があり、なかには金魚の尾ひれのような葉のかたちのものも。じっくりと自分好みのツバキを探してみるのもいいですね。晴れた日には富士山が見える、芝生広場でのんびりと過ごすのもおすすめです。

【DATA】
椿花ガーデン(ツバキハナガーデン)
住所:東京都大島町元町津倍付41-1MAP
TEL:04992-2-2543
営業時間:9:00~15:00
定休日:水、木曜
http://tubakihanagarden.com/

赤い花びらをジャムにして

選別した花からめしべとおしべをとり、きれいな花びら部分のみ残す。

ツバキの花を手折り、ジャムに仕立ていているのは「バリアフリーペンションすばる」のオーナー、下田昭彦さんと八重子さんのご夫妻。島にはこんなにツバキがあるのに、これまで花びらのジャムをつくった人はいなかったのだとか。

朝7時から日が暮れるまで、数人がかりで花を摘み、選別をして、それから花のきれいな部分だけを採取します。これだけで1日がかり。その日じゅうにはジャムにはできません。
「島の特産品にしたいので、実は、いろんな人にジャムづくりをやってほしいと思っているんですよ」と昭彦さん。

許可をもらっている場所で採取し、その日中にジャムの手前の段階まで加工する。

島外では、ホテル椿山荘東京のみ販売をしているという「椿花びらジャム」は、数量限定の希少なお土産。手に入れるなら、直接、「バリアフリーペンションすばる」に問い合わせをしてみてください。宿泊したなら、朝食で焼きたてパンと一緒にいただけますよ。

【DATA】
バリアフリーペンションすばる(バリアフリーペンションスバル)
住所:東京都大島町元町1-23-6
TEL:04992-2-1142
営業時間:9:00~15:00
http://userweb.www.fsinet.or.jp/subaru/

関連記事