• 大島、女子ふたり旅 イメージ1

  • 大島、女子ふたり旅 イメージ2

椿の魅力をたっぷり堪能! 大島、女子ふたり旅

TOKYO OOSHIMA

@東京都 大島 #椿づくし #女子旅 #2日間 PARASTICA

YouTubeチャンネル

PARASTICA(サワデー/まめだ)写真
PARASTICA(サワデー/まめだ) 竹芝客船ターミナルから約1時間45分、伊豆諸島に浮かぶ大島。大島では何百年もの間、食用や灯用など、日常生活に幅広く椿を取り入れて生活してきたとか。島の人は、どのように椿を取り入れて暮らしているのでしょうか。女子2人組マルチクリエイター・PARASTICAのまめださんとサワデーさんが、島の方々と触れ合いながら椿づくしの旅を案内してくれます。

10:20 竹芝客船ターミナルから約1時間45分。 大島到着!

雄大な景色を目の前に愉快な旅が始まる予感!

大島には2つの港があります。町の中心部に元町港、島の北部に岡田港(おかたこう)があり、その日の天候によって着岸港が変更されます。今日は岡田港に到着! 岡田港は島影により波が穏やかで、西風が強い日でも安全に出入港できるのだとか。のどかな緑の風景が広がり、周囲にはお土産屋さんや島のお母さんたちの料理を楽しめる食堂がちらほら。
「竹芝から高速ジェット船で約1時間45分。あっという間に到着しました!」(サワデーさん)、「グルメや体験など、とっても楽しみですね」(まめださん)と、これから始まる旅に期待をふくらませます。

自在に遊びつくすならレンタカーをチョイス

青々とした海に、雄大な山。島の周囲は車で約1時間とコンパクトながらも、大自然を堪能できるスポットが点在する大島。晴れた日には富士山も一望できます。そんな大島を自在に楽しむには、自由に移動できるレンタカーがおすすめです。ハイキング、釣り、ダイビングなどのアクティビティが充実し、島そのものが火山でできていることから温泉好きの方にもおすすめ!

壮大な自然に癒やされる。

12:30 大島でとれた新鮮な魚を味わう 海鮮茶屋 寿し光

「べっこう」ってなぁに?島の名物が勢ぞろい!

2人の女子旅は、腹ごしらえから始まります。大島の新鮮な地魚握りや酒肴をはじめ、特産の明日葉など、島の素材をふんだんに使った料理を楽しめる「海鮮茶屋 寿し光」へ。のれんをくぐると、そこは元町港を一望できるお座敷席。
店長・御旅屋(おたや)さんのおすすめは「べっこう」を使ったメニュー。「べっこう」とは伊豆諸島の郷土料理のことで、島とうがらしを漬けた唐辛子醤油に、伊豆諸島の近海で取れる新鮮な白身魚を漬け込んだものです。漬け込むと魚の切り身がつややかなべっ甲色になるため「べっこう」と呼ばれるそう。これを、寿司や丼のネタとして楽しむことができます。

考えた人、天才⁉創作メニューに舌鼓

さらに、リピートの絶えない人気メニューを教えてくれました。まずは、郷土料理のべっこう丼を進化させた「石焼きべっこう丼」。石焼ビビンバ風に、島のりや生たまごと一緒に混ぜていただきます。食欲をそそるこうばしい香りがたまりません! さらに出汁をかければ、お茶づけとして楽しめます。
「これ考えた人、天才! 家で作れませんかねぇ(笑)」(サワデーさん)、「これは大島でしか食べられませんっ(笑)」(まめださん)と2人の会話が弾みます。

島とうがらしの爽やかな辛さにドはまり!

さらに、島とうがらしをふんだんに使った激辛メニューの「麻婆豆腐」や、魚介に大島特産の明日葉や椿油を使った「しま椿丼」など、たくさんのメニューをペロリ。
「島とうがらしのピリ辛がいいですね」(サワデーさん)、「結構辛いけど、スッキリとした香りでね」(まめださん)、「しま椿丼に乗っている、明日葉の素揚げもいい〜!」(サワデーさん)、「どのメニューが一番かと聞かれても答えられませんっ」(まめださん)と、すっかり大島グルメに魅了された様子です。

べっこう、おいしすぎ!

14:30 大島の自然・文化を体験 大島ふるさと体験館

貴重な体験!椿油をしぼってみよう

“田舎でのゆとり休暇を過ごす”をテーマに、椿油しぼり、草木染め、明日葉摘み取り、郷土芸能、陶芸などを体験できる「大島ふるさと体験館」。数ある体験から2人が選んだのはもちろん、旅のテーマ“椿”にちなんだ「椿油しぼり」です。
食用、灯用、薬用、化粧用と、大島では昔からさまざまな用途で使われてきた椿油。椿の種を砕いて、蒸して、しぼるという昔ながらの作り方を体験できる施設は、全国的にも珍しいそう。

しぼり出される椿油の美しい輝きに大興奮!

講師・菊池さんの「体力とスピードが勝負です。頑張りましょうね!」という声から椿油しぼり体験がスタート!
まず、椿の種を臼と杵を使って細かく砕きます。この種は8月後半〜10月頃に収穫し、十分に乾燥させたものだそう。砕いた種はふるいにかけ、ふるいから振り落とされる大きさまで細かく砕いていきます。細かく砕いた種をせいろで蒸すこと約5分、ナッツのような甘い香りがふわりと立ち上がります。蒸しあがったら、冷めないうちにすばやく加圧機に移して油をしぼり出します。
「わぁ、出てきた出てきたぁ〜」(サワデーさん)、「キラキラしていてきれい!」(まめださん)と、油がしぼり出される様子に2人は大興奮!

自分たちでしぼった椿油は頑張った味がする⁉

しぼりたての椿油と自家栽培の新鮮な明日葉を使って、菊池さんが炒め物を作ってくださいました。ひとくち食べるなり「う〜ん、おいしい‼」と声をそろえる2人。「さらっとしていて、味わいもさっぱり。これが椿油のいいところだね」(サワデーさん)、「しかも私たちがしぼった椿油。頑張った味がします♡」(まめださん)と、満足げにほおばります。
しぼりたての椿油には、蒸した際の水分が残っているため濁っています。精製作業により不純物を取り除くことで、クリアな油に仕上がるそう。
最後に、自分たちがしぼった椿油と、精製された椿油をいただきました。卵焼きなどのシンプルな料理で味を比べてみるのがおすすめ!

おいし〜〜〜。

18:00 老舗ホテルの名物料理 椿フォンデュ

椿油を使った料理は食べる前から期待大!

椿フォンデュは、大島温泉ホテルの宿泊プランで人気の名物料理。串刺しにした魚介や野菜などに衣をつけ、椿油をミックスした油で揚げて調理します。椿油は食材がカラッと軽く揚がるだけでなく、身体に良いオレイン酸が多く含まれていることが知られています。
椿油しぼりを体験したばかりの2人は、「ぜったいおいしいでしょ!」と、胸の高鳴りを抑えられない様子。

アツアツ、サックサクでいくらでも食べられそう!

ずらりと並んだ食材は圧巻! 興奮を隠せない2人に、ホールスタッフの方が揚げ方の基本や素材別の揚げ時間などをレクチャー。おすすめ食材は、明日葉。衣をつけて、揚げて、約40秒でサクッとした食感に仕上がります。みそがたっぷりと詰まった伊勢エビの頭も余すことなくいただきましょう。
椿油の魅力を知った2人は「髪にも体にも良くて、何よりもおいしい椿油はすごい!」と大絶賛。サワデーさんの「買って帰るかぁ〜」というつぶやきに、まめださんも「そうね、買って帰りましょう(笑)」と大きくうなずきます。ゆっくりと料理を堪能し、1日目の夜が更けていきます。

猫舌の人は「ふーふー」してね。

DAY2へ

PARASTICAプロフィール写真

PROFILE PARASTICA

まめださんとサワデーさんの、女子2人組マルチクリエイター。
女子旅や料理、食レポ、大食い企画などバラエティあふれる企画を展開。
2人の独特なトークがクセになると人気急増中!
一度ハマると抜け出せない世界観に、気付いたら思わず口調が移ってし まう人多数。
まるで自分もその場にいるような親しみやすさが人気です。

PARASTICAさんの
YouTubeチャンネルで動画公開中!

YouTube動画ページ

INFORMATION