TAMASHIMA.tokyo 多摩・島しょの観光情報サイトです
  • Facebook
  • Instagram
language JPN

八丈島でココロもカラダもリラックス。
癒しの1Dayデトックス散歩

  • 八丈島
  • Relaxation
    & Cuisine

ルート

  • 海のエナジーヨガ/癒香
  • ⇒ 裏見ヶ滝温泉
  • ⇒ ピッツア パラディッソ
  • ⇒ 八丈植物公園
  • ⇒ 空間舎

温和な気候や火山島であることから、かつて“日本のハワイ”と言われたこともある八丈島。そんな八丈島には、豊かな自然に囲まれたヒーリングスポットが点在しています。そこで、日々の疲れを癒し、ココロとカラダをリラックスさせてくれるデトックス散歩の旅へ出かけてきました。

島の自然を一望できるカフェでティータイム

ひと息つきたくなったら、森の中にある一軒家カフェ「空間舎」に寄り道を。店内にはアンティーク家具や雑貨がセンスよく並ぶテーブル席をはじめ、島を一望できるテラス席や、さらには展望台まで!

「この島の大自然に魅了されて約16年前に夫婦で移住してきました。今では主人は畑仕事と釣りに没頭。緑や満天の星空に囲まれて過ごす毎日がすっかり気に入っています」と話す店主の大西景子さん。大西さんお手製のケーキや、静岡「間菜舎」の焙煎豆で淹れるコーヒーを、おいしい空気とともにじっくり味わって。

器集めが趣味の店主。ケーキを盛る皿にもセンスが光る。
島の緩やかな空気に寄り添った、静かでゆったりとした空間に心が休まる。
2階のテラス席からは絶景が望める。

ノスタルジックな風景が広がる大里の玉石垣

昔から台風の通り道だった八丈島では、暴風雨から住居を守るために石垣の上に防風林をつくったのだとか。玉石垣が数多く残る大里の通りはノスタルジックな雰囲気が漂い、美しい景観に心が奪われます。

荒波に削られた丸い石を積み上げた玉石垣。

自然のエネルギーに満ち溢れた、“常春の楽園”八丈島

年間平均気温が18.1℃で、季節を問わず島旅を楽しめるのも八丈島の魅力。東京から一番近い南国へ、元気をチャージしにおとずれてみてはいかが?

Information

※2018年11月時点の情報です

Model Course Model Course

関連記事