• Wi-Fiスポットの場所はこちら
  • SELECT LANGUAGE
  • 東京都
SELECT LANGUAGE

共有する

御蔵島

原生林に覆われ、周囲を絶壁で囲まれた御蔵島は、東京から一番近い“秘境”。島の周囲にはミナミハンドウイルカが棲みつき、シーズン中には一緒に泳ぐこともできます。豊かな自然と愛くるしいイルカに会いに、さあ、御蔵島へ。
垰智子

垰智子

読者モデル、サロンモデルとして雑誌などで活躍。国立の商船高専・航海科の出身で船舶や航海士の資格を持っており、5年間の学生生活のうち最後の1年間は世界一周の航海実習で過ごした経験あり、旅ブロガーとしても活躍。

おすすめポイント

  • #イルカウォッチング
  • #稲根神社
  • #バイキング号記念碑
  • #タンテイロの森
  • #お刺身定食
  • #あしたばうどん
  • #つげ

今回廻ったコース

  • ・1日目:
    羽田空港⇒八丈島⇒御蔵島⇒宿まるい(宿)⇒稲根神社⇒バイキング号記念碑⇒タンテイロの森⇒美美庵(昼食)⇒イルカウォッチング⇒宿まるい(宿)⇒夕食
  • ・2日目:
    朝食⇒イルカウォッチング⇒港⇒ふくまる商店(昼食)⇒ヘリポート

1日目

飛行機とヘリコプターで御蔵島へ

飛行機とヘリコプターで御蔵島へ

飛行機とヘリコプターで御蔵島へ向かったのですが、楽しみにしていた出発当日、羽田空港は雨。飛行機で八丈島に到着すると、雨はあがって天気は曇りになっていました。御蔵島へは、八丈島から東京あいらんどシャトルというヘリコプターで25分。ヘリに乗ってわくわくしながら海を眺めていたら、見えてきました!エメラルドグリーンのような綺麗な海の島、『御蔵島』!!
宿まるい

宿まるい

本日からお世話になる『宿 まるい』に到着。宿に着いたらすぐに、近所へお散歩に行ってみることに。
稲根神社

稲根神社

宿の近くで30分くらいで行ける場所にある『稲根神社』。私が行ったのは、集落にある「拝殿」。「本殿」にはガイドさん付きでしか行けないので、もし本殿に行きたい場合には要予約です。
バイキング号記念碑

バイキング号記念碑

『稲根神社』のすぐ近くには、『バイキング号記念碑』。この大きな錨は、実際のバイキング号で使用していた本物の錨だそうで、昔、アメリカの船バイキング号が御蔵島沖で座礁した際に、御蔵島の人が漂流者を救助したお礼としてその後海底から引き揚げた錨を記念碑としたものなんですって。私も商船高専の航海科卒業なだけあって、なんだか錨にはすごく親近感を感じます。
タンテイロの森

タンテイロの森

そんなこんなでヘリポートを横目にもっと登っていくと、『タンテイロの森』入口に到着。森の奥には巨樹があるみたいなのですが、今回時間がなかったので、ひとまず入口付近でたくさんの木に囲まれてみましたが、なんだかまるでトトロの森に来たような神秘的な気分になれました
美美庵

美美庵

宿よりも少し海のほうへ下った所にある、お食事処『美美庵』。ピンクのイルカが目印の美美庵は、島で採れたものを使ったお料理が頂ける場所。
お刺身定食

お刺身定食

私が頼んだのはお刺身定食。今日、採れたお魚が頂けるので、毎日お刺身の種類は変わるそうなんですが、ランチなのに贅沢なお刺身の盛り合わせ。お味噌汁にも魚のあらが入っていて、とっても美味しい。今回のお刺身は、カンパチ、イスズミ、ムロアジ、コショウ鯛と4種類。
イルカウォッチング

イルカウォッチング

お腹もいっぱいになった所で、宿に戻ってウエットスーツに着替え、イルカに合うべく海へ!!
イルカ発見!!シュノーケルでこんなにイルカに合えるんです。小さいイルカもいると思うんだけど、なんと今年産まれたばかりの赤ちゃんイルカなんです。ふと気づくと自分の後ろにいたりと、とにかく興奮しまくり。
夕食

夕食

宿に帰ってあったかい大浴場であたたまり、食堂にて晩御飯。ホタテに金目鯛のお刺身にとれたての貝にしょうが焼きと晩御飯もたっぷり。今日の楽しい出来事を話しながら、和気あいあいとお食事♪

1日目をもっと見る

2日目

朝食

朝食

御蔵島へ来て2日目。朝から何やら嫌な音・・・雨。イルカツアーどうなるのかなぁと思いながらの朝食をしていると、イルカ行きますよー!との声が。ご飯を食べて今日は酔い止め飲んでウエットスーツに早速着替え。
海面

海面

船に乗船して少し走るとなんと雨は全く降ってなく晴天!昨日とは違ってお日様が出ているので、より海面に光が差し込んでいてすっごくキレイなんです。
イルカウォッチング

イルカウォッチング

イルカも海面にジャンプをして飛び出たり、お腹を見せて泳いでたりとまた昨日とは違う感動が。写真にはおさまってなかったのですが、実はウミガメにも出合ったんです。本当に日本なの?!東京なの?!と思える程、野生の生き物がたくさんいて、海に潜る度に感動を与えてくれます。
滝

船に乗っていると、海だけじゃなくて御蔵島のいろんな顔を見ることも出来て、御蔵島の名所のひとつの白滝や、大雨の時にしか見えられない滝も今回は朝の大雨で見れたり、イルカツアーを体験しながら島の違った魅力も見る事が出来たよ。
船で港へ

船で港へ

この後御蔵島の港に近づくと、大雨に。島の右左でこんなにお天気が違うって本当に自然って不思議。そんな島の魅力に心も癒されて、日常生活で雨に濡れても平気って思う事ない私もここにいると全然へっちゃらな気分にさせてくれました。
ふくまる商店

ふくまる商店

本日のランチ『ふくまる商店』へ。
あしたばうどん

あしたばうどん

御蔵島の明日葉を使った夏限定の『あしたばうどん』を頂いたよ。ざるそばみたいな感じでお汁につけて頂くようになってるんだけど、明日葉って癖があるイメージだったけど、全然なくてすっごく、ゆず胡椒がさっぱりしていてとってもおいしい。
お土産

お土産

ふくまる商店は、食べ物だけでなくオリジナルTシャツやオリジナルのお土産などいろんな商品の取り扱いがあって、私もお土産に明日葉うどんと御蔵島のつげで作ったキーホルダーとしおりを。
ジェラート

ジェラート

ジェラート目当てでくる人もいるくらい名物のジェラートも。味が選べるんだけど、私はみくらのパッションフルーツとみくらかぶつという御蔵島名物のジェラートにしたんだけど、これがかなり美味しいっ。御蔵島に行ったらぜひ食べてもらいたい。
御蔵の源水

御蔵の源水

そして御蔵島はお水にすごく恵まれていて、お土産としても人気なのが『御蔵の源水』。御蔵島の観光協会や農協などでも売られてるよっ。少し集落から離れた場所に水汲み場もあるみたいなので、ぜひ行ってみるのもいいかも。
つげ

つげ

御蔵島って実は昔からつげの木が豊富で、つげ細工が御蔵島の名産なんだそう。全国の将棋の板や駒などは今やほとんど御蔵島のつげでつくられているそうなんです。御蔵島のつげ細工をお土産に購入するのもオススメだよ。
ヘリポート

ヘリポート

そんなこんなで楽しかった御蔵島での日もあっという間。本当に来年も行きたい!!!そんな気持ちでいっぱいの御蔵島にさようならをして、いざ、ヘリポートへ。午前中は大雨でヘリが飛ばないかもしれないと言われていたお天気もこんなに回復!ほんと、自然のお天気って不思議ですよね。
まとめ

まとめ

自然との共存だから当たり前だけど、お天気にはハラハラドキドキ。でもその分普段味わえない魅力がたっぷりの御蔵島。そんな素敵な場所が東京にあるなんて、本当にもっと早く知りたかった。週末で手軽に行けるリゾート地だから、忙しい人にもとってもオススメだよ。

2日目をもっと見る