• 東京都産業労働局
  • 東京都
  • Facebook
  • Instagram
メニューを開く
JPN
メニューを開く
メニューを閉じる

奥多摩町

東京最西端の町、奥多摩。標高2017メートルの雲取山は、東京都の最高峰。源泉が4種あり、温泉が豊富な町でもあります。山々に囲まれた奥多摩湖では、緑深い夏の光景も紅葉の風景も美しいです。さあ、自然散策へ。
徳富政樹

徳富政樹

日本全国を旅して「とくとみぶろぐ」というブログに記事をまとめています。
鉄道、ネコ、井戸ポンプ、温泉、古い町並みなどが大好きで、見かけるとついついたくさん撮影をしてしまいます。

おすすめポイント

  • #アルカリ性単純硫黄温泉(
  • #奥多摩湖
  • #赤や黄色のモミジ
  • #紅葉

今回廻ったコース

  • ・1日目:
    鳩ノ巣駅⇒奥多摩の風 はとのす荘(宿)⇒夕食
  • ・2日目:
    朝食⇒鳩ノ巣渓谷⇒鳩ノ巣小橋⇒奥多摩湖⇒奥多摩湖いこいの路⇒レストラン やませみ(昼食)⇒麦山浮橋

1日目

車窓風景

車窓風景

実は紅葉の時期にこれまでに何度か奥多摩方面には来たことがあり、その度に青梅から先の車窓風景には釘付けになっていました。
電車の中からでも紅葉を眺めることができるのですよ。
鳩ノ巣駅

鳩ノ巣駅

そんなこんなでこの日の宿泊施設の最寄り駅である鳩ノ巣駅に到着しました。
奥多摩の風 はとのす荘

奥多摩の風 はとのす荘

はとのす荘はアルカリ性単純硫黄温泉(低張性・アルカリ性・低温泉)です。湯温はそんなに高くないので、じっくりと入ってきて、きっと僕のお肌もつるつるになったことでしょう(笑)はとのす荘は鳩ノ巣渓谷沿いにあります。すべての部屋からこの渓谷を見下ろすことができて、紅葉を部屋に居ながらして見ることができる最高のロケーションでした。
部屋

部屋

お部屋はこんなに広々としています。
今回は一人での宿泊だったので、とても贅沢な使い方をさせていただきました。
何より清潔だし、色使いも温かなのが落ち着いた空間だと感じさせてくれましたね。
夕食

夕食

はとのす荘ではイタリアンのコース料理を出してくれます。まずはアミューズとして蟹のアリュメットパイと原木椎茸、平貝のクリームソース。
アンティパスト

アンティパスト

次はアンティパスト。色とりどりの料理がお皿に並んで、もうこの時点でだいぶお腹は満たされますが、まだまだこれからが本番ですよ。
プリモ・ビアット

プリモ・ビアット

次はプリモ・ビアットで、プカティーニパスタ、カウワイシュリンプと青野菜ベーコン入りトマト風味です。そして本日の焼き立てパン。
セコンド・ビアット

セコンド・ビアット

セコンド・ビアットで牛肉のステーキ、地場野菜粒マスタード入り赤ワインソース。
ドルチェ

ドルチェ

フルーツ、ケーキ、アイスがかわいらしく盛り付けられています。
これだけ美味しいものが次から次へと出てきてはいますが、これらのものは特別なのではなく基本コースなのだそうです。

1日目をもっと見る

2日目

朝食

朝食

美肌の温泉とイタリアンのコース料理の夕食を楽しんだわけですが、朝食もみごとな洋食が出てきました。東京都内で生まれ育った僕は東京でホテルに宿泊するということを考えたこともありませんでした。もちろんこんな豪華な食事が出るホテルがあるなんて思ってもいませんでしたので、前日の夜からのはとのす荘の食事は驚かされることばかりです。
鳩ノ巣渓谷

鳩ノ巣渓谷

実ははとのす荘での朝食の前にホテルの周囲を散策してきました。深い谷間の両岸に赤や黄色のモミジが色づいているのが美しいです。これ、東京都の風景ですよ。
鳩ノ巣小橋

鳩ノ巣小橋

この絶景を拝むことができるのが鳩ノ巣小橋の上からです。やっぱり高いところに吊られた橋ですね。
この鳩ノ巣小橋は奥多摩の風 はとのす荘から徒歩ですぐのところにあります。
奥多摩湖

奥多摩湖

僕が訪れた11月16日(水)はまさに紅葉の見頃でした。どこを見ても山の木々が色づいているのですよ。奥多摩湖の湖面に映る秋の色も必見ですよ。
奥多摩湖いこいの路

奥多摩湖いこいの路

小河内ダムの南側から山のふるさと村までの全長約12kmの遊歩道です。奥多摩湖沿いを歩きますので、この季節は湖の青と紅葉の赤と黄色のコントラストがみごとな道のりとなります。秋の景色は見ていて全く飽きません。
レストラン やませみ

レストラン やませみ

奥多摩湖いこいの路のゴール地点にあるのが山のふるさと村です。温かいとろろそばを食べてきましたよ。やっぱり山歩きの後の温かい食べ物は体に染み渡りますね。
麦山浮橋

麦山浮橋

これは麦山浮橋という名前の橋です。文字通り奥多摩湖に浮いている橋なのですよ。まるで水面を歩いているかのような感覚になりますので普通の橋よりもさらに水を身近に感じることができます。歩くのが苦手な方はバスで訪れることも可能ですよ。

まとめ

これから東京の西端から東端へと帰ることにします。小河内神社バス停から東京駅までは約3時間かかりました。こんなに時間がかかるほど東京都って広いものだったのですね。
東京の下町住まいの僕にとっては、同じ東京都内とは思えない山の中の景色の連続に圧倒されましたね。こんなにも紅葉が美しく、食べ物が美味しくて、空気が澄んでいる場所も東京にはあるのだということをたっぷりと体感してきました。

2日目をもっと見る