TAMASHIMA.tokyo
伊豆大島で昭和レトロな風景を探して

伊豆大島で昭和レトロな風景を探して

  • 大島
  • History
    & Culture

ルート

  • 三原山ハイキング
  • ⇒ むかしめがね 伊豆大島編
  • ⇒ 島京梵天
  • ⇒ 鵜飼商店
  • ⇒ 波浮港見晴台
  • ⇒ 踊り子の里資料館
  • ⇒ 高田製油所
  • ⇒ 潮風のテラス(大島観光協会)

海底からそびえる活火山の、陸上に出ている部分が伊豆大島。シンボルは活火山山頂の中央火口丘である三原山。ダイナミックな景観の印象が強い島ですが、魅力はそれだけではありません。今、一部で注目を集める昭和レトロな雰囲気が漂う町並み……気さくな島の人たちとふれあいながら、ノスタルジックな風景を探しに出かけてみましょう。

定番アクティビティは、
やっぱり三原山ハイキング

島の中央に位置する三原山は、島民から御神火様として崇められてきた島のシンボル。ハイキングすると、ダイナミックな地形を全身で味わえます。

巨大な火口は、60階建てのビルがそのまま入るほど深いのだとか。

体を動かすだけではなく、三原山の歴史を知りたくて、伊豆大島の風土と暮らしを五感で感じるARアプリ「むかしめがね 伊豆大島編」を使ってみることに。マップ上のポイントでスマホをかざすと、その場所の物語や写真が表示されるんです。

今、波浮港でのレトロな風景探しが新しい!

伊豆大島の魅力は火山だけではありません。最近では、おしゃれでレトロな町並みに注目が集まっているんです!中でも南部にある波浮(はぶ)港周辺は、ノスタルジックな漁港の雰囲気を楽しめます。

そのイメージをつくり出しているお店のひとつが「島京梵天」。たい焼きカフェを併設する古民家ゲストハウスです。13年前に移住してきた店主の河村さん夫妻は、島をつくったといわれる恵比寿様が持っている鯛にちなんで「たい焼き」を売ることにしたそう。

大島牛乳と明日葉を練り込んだ冷たい生地の「明日葉たいやき」。他にもハムチーズマヨや酵素玄米トマトリゾットなど、ユニークなメニューが並びます。
近くには、昭和27年創業当時の店構えで、昔ながらの揚げたてコロッケを販売する「鵜飼商店」もあります。
波浮港西岸の高台にある見晴台は、波浮港を一望できる絶景スポット!

関連記事