TAMASHIMA.tokyo 多摩・島しょの観光情報サイトです
  • Facebook
  • Instagram
language JPN

高尾山へ小旅行
高尾山への日帰り旅行で、東京都心の喧騒をしばし忘れる
japan-guide.com

  • 八王子
  • Nature

「東京」と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、大勢の人々がネオン輝く通りを行き交い、活気あふれる日本の首都の光景。確かにそれは、日本最大の都市「東京」の姿です。しかし、実は東京にはもっとずっと穏やかな一面もあるということに、多くの人々は気づいていません。

東京の都心から西へ向かうと、慌ただしい日常を忘れさせてくれる絶好の場所が見つかります。緑あふれる山をハイキングしながら美しい風景を楽しんだり、趣のある古い街並みを散策したり、土地に深く根ざした精神性や信仰を感じたりすると自然と心が和みます。

そのすべてをたっぷり体験できるのが高尾山です。都会の喧騒から逃れる方法をたくさん提供してくれるだけではありません。都心から直通電車に揺られてわずか1時間ほどで到着できることも、この美しい山の大きな魅力です。以前より詳しい情報を教えてもらっていたので、今日はこの山に初めて行くことにしました。軽めの登山や寺の参拝など、高尾山の魅力を堪能した後は、山上のビアガーデンで1日を締めくくるつもりです。

新宿駅

出発地点は東京都心の新宿駅。ここは世界で最も利用客が多い駅で、1日の乗降客数は約350万人に達します。新宿駅の改札に押し寄せる人の波を見ていると、都会から美しい自然に逃れるのがますます待ち遠しくなりました。列車に乗ってほどなく、別世界が私を待っていました。新宿からはるか遠く離れた場所のように思えますが、超高層ビルの谷間を出発してからほんの1時間しか経っていません。

改札を抜けて冒険開始
のどかで美しい多摩地域に到着
ケーブルカーとリフトの駅へと続くカーブした小道

高尾山へ行くのに最も便利な駅が高尾山口駅。電車を降りた後、麓の町をしばらく散策しました。情緒のある小道や絵になる美しい参道を歩いていると、昔ながらの料理屋を探したくなりました。山頂までの道のりは体力を使うので、その前にお昼を食べておこうと思ったのです。幸運にも、日本そば専門店「髙橋家」で一息つくことができました。

髙橋家

日本の田舎にはたいていそば屋があり、温かいそばや冷たいそばがいろいろ選べます。昼が近づき初夏の日差しが強くなってきていたので、髙橋家で冷たい山菜そばを食べることにしました。おいしい!

そばと山菜の日本らしい昼食
山の麓の静かな街並み
山頂付近から見る絶景

エネルギーを補給し、満足してそば屋を出ると、すぐ近くにケーブルカーとリフトの駅があります。どちらを利用しても、山の中腹までたどり着けます。私は山麓駅からリフトに乗ることにしました。ゆっくりと動くリフトに足を垂らして座り、すてきな景色を眺めました。山上駅近くで後ろを振り向くと、みごとな絶景が楽しめます。眼下には山の麓、遠くには郊外の街並みが広がっています。

間もなくケーブルカーとリフトの駅
美しい景色の中、急斜面を登る
山上駅(リフト)付近からの眺め