TAMASHIMA.tokyo

自然のエネルギーがいっぱい。
三宅島のめぐみを味わい尽くす

  • 三宅島
  • Relaxation
    & Cuisine

東京・調布から飛行機で約50分。伊豆諸島に位置する美しい島・三宅島にたどり着きます。今回は料理家の田中美奈子さんが、島のエネルギーを受けて育ったグルメを楽しむ三宅島の旅へ。

自然豊かな島でグルメをテイクアウト

雄大な自然が広がる三宅島は、伊豆諸島の中でもお外ごはんが楽しい島。地球の営みが生み出すダイナミックな景色を眺めながら、島の食材を使ったグルメを満喫して。

お弁当

食品から雑貨、お弁当まで、幅広いラインナップを取り揃える「土屋食品」。人気は、ごはんの上に岩海苔がたっぷり敷き詰められた「のり弁」510円。お弁当を開けた瞬間の磯の香りがたまらない!

【DATA】
土屋食品
住所:東京都三宅村阿古683
TEL:04994-5-0331
営業時間:7:00〜19:00
定休日:月曜

サンドイッチ

島随一のおしゃれカフェレストランが、2019年7月にオープン。三宅島唯一の製パン所・築穴製菓のパンに、島産のニンジンやキュウリ、トマトなど野菜をたっぷりと挟んだサンドイッチ1000円。

【DATA】
Terrace cafe Restaurant GIZMO
住所:東京都三宅村坪田2891
TEL:04994-8-5853
営業時間:12:00〜16:00(15:00LO)、18:00〜22:00(21:00LO)
定休日:不定休

島産のマンゴーをサンドしたマンゴーサンド700円やオムライス1000円のテイクアウトもOK。
海を目の前に望むテラス席もおすすめ。

COLUMN
おいしい島みやげPICK UP

おいしい島みやげがいっぱい揃う三宅島。来たら買うべきアイテムを厳選してご紹介します。

三宅島の温暖な気候で育った「パッションフルーツ」は、甘みと酸味のバランスが最高。1個167円〜/いきいきお魚センター ※収穫・販売される時期は限定されます
三宅島産の島唐辛子を使った「島唐辛子醤油」。天然醸造の醤油の芳醇な風味に、島唐辛子の辛みがマッチ。482円/いきいきお魚センター
麹作りからラベル貼りまで、全て手作業で行う焼酎「雄山一」オープン価格/三宅島酒造(株)
島育ちの明日葉をたっぷりと使った三宅島の「あしたばカレー」500円/いきいきお魚センター ※販売店により価格が異なる場合があります

Information

GO! RELAX and ENJOY! SHIMA

おいしいグルメとともに、大自然を体感できるスポットを満喫できるのも三宅島の魅力。絶景を前に島の食べ物をいただけば、感動もひとしおです。

1:「伊豆岬」広大な海の向こうには新島などを臨むこともできる。天体観測スポッとしても名高い。
2:「錆ヶ浜海水浴場」海沿いをのんびりお散歩できるスポット。
3:「七島展望台」島の西側、さらにはそこから続く海を一望できる展望スポット。大自然の持つパワーを感じることができる絶景は圧巻。
4:「火山体験遊歩道」目の前に広がる別世界のような景色で、噴火の歴史を体感することができる。

噴火から19年、今では漁業も農業も復興し、以前よりも地産食材の流通が盛んになった三宅島。都会では触れることのできない海や山の絶景を通して、雄大な自然とのんびりとした島の時間を享受でき、島の人の熱い思いがこもったおいしいグルメにも出会える。きっと、とっておきのリフレッシュ旅になるはず。

※記事内の金額(税抜)やその他情報は、2019年9月30日時点のものです。

Links

関連記事